立ち、座り仕事の人は浮腫みやすい職種

脚がむくみやすい仕事の代表格となるのが立ち仕事や座り仕事になります。例えば、調理師、看護師、理容師、美容師、アパレル店員、OL、事務職などなどが挙げられますよね。こういった方たちは同じ姿勢を1日中している確率も高くどうしても下半身に水分や血液、リンパ液が貯まってしまいます。仕事以外でも長い時間立ち続けていたり、座っている人も浮腫みやすい状態にあると言えます。

長時間同じ姿勢、立ち続けというのは脚の血液に重力がかかります。そして通常であれば脚から心臓にかけて筋ポンプと呼ばれる作用が働くのですが、この働きが非常に弱くなってしまいます。そのため、たくさんの血液、水分が下半身にうっ滞してしまう現象が起こり浮腫みやすい状態に陥ります。座り仕事、立ち仕事の人でこのような血液等のうっ滞状態が酷くなるのは立ち仕事の方と言われています。

予防方法としては長時間同じ姿勢でいる場合、頻繁に脚を動かしたり、マッサージをしたりしてうっ滞した血液を心臓に戻すような努力が必要です。

手っ取り早いのが着圧ストッキング、弾性ストッキングと呼ばれるアイテムを使うと便利です。足首から太ももにかけて圧力が変化しており足首から上にかけて血液を上げてくれる機能も有しています。ただし、人によっては非常にキツく感じて苦しくなる場合もあるので圧力値だけは自分に合ったタイプを選んであげることが重要になってきます。

浮腫み症状というのは重力の関係で必ず心臓よりも下の部位に症状が起きやすいとされています。寝たきりの場合、後頭部、背中、腰、おしり、ふくらはぎ、かかとなどの体の下の方にむくみが出ます。

例えば介護の仕事では重点的に上に挙げたような部位をマッサージして浮腫み解消を促したりします。

運動不足も浮腫み症状が起こりやすい原因

運動不足も浮腫み症状を引き起こしやすくなる一つの要因です。まず筋力の衰えは筋ポンプの働きを低下させます。そして運動不足は筋力を鍛えられないからです。しかし、例外もあり同じような運動をしていても浮腫み症状が起こる、起こらない人がいます。

その違いは筋肉の発達によるものです。

高齢者や痩せすぎている人は筋肉があっても発達が弱いので浮腫み症状が起こりやすいケースが多いです。それでも運動などをしていれば症状は緩和されやすい傾向にあります。

そして浮腫み解消するために最も鍛えておきたい下半身のパーツとなるのが「ふくらはぎ」になります。

ふくらはぎは最も筋ポンプの働きを左右する部位。

実は歩くだけでもふくらはぎの筋肉は使われるので少し浮腫み症状が気になる場合は電車、バスを使わずに徒歩で移動したりして筋力を鍛えてあげると良いですよ。

MENU

Copyright (C) 美脚女子マーサの脚痩せキレイ術 All Rights Reserved.