入浴後の適度なマッサージ

脚をキレイにする方法として入浴後の適度なマッサージは効果的です。筋肉の凝りをほぐす。うっ滞した血液やリンパを流すといった効果を期待することができます。

効果が高いマッサージ方法としては自分でツボ押しやマッサージをすること。お風呂や足湯で体全体を温めるなどです。

適度なマッサージとしては足の指から心臓に向かって優しくマッサージする方法が最適となります。なぜ入浴後がマッサージに適しているのかと言えば、体が温まっており、血管が拡張しているので血液の流れも良くなるからです。

ただし、注意点としてはマッサージをするときにはどうしても皮膚に摩擦が起きてしまいます。過度にやると皮膚に刺激を与えてダメージを与える可能性があるのでマッサージを行う場合はできるだけ専用クリームを使い手や指が皮膚を滑りやすくする必要があります。

オイルも良いですが、ベタつきやすく直ぐに服を切る場合にはあまり適さないのでクリームタイプの方が良いでしょう。乾燥がひどい場合に限りクリームでマッサージした後に保湿目的でオイルを利用してあげる程度で十分です。

就寝時に浮腫みが解消できるテクニック

入浴後のマッサージ以外にも脚をキレイにするテクニックはあります。それが就寝時です。もし軽い浮腫み症状程度であればこれから説明する方法を活用すれば寝ただけで浮腫みが解消される可能性が高いです。ぜひ、今日から実践してみてください。

就寝時に浮腫みをしっかりと解消させるには重力を利用します。

寝るときには脚を心臓の位置よりも高くすることが大切。例えば足元に座布団や枕を入れて10センチ〜15センチ程度、脚を高くして寝ます。これは心臓よりも脚を高くして血液、リンパ液が心臓に戻るのに必要な重力を利用します。

理想的な方法としてはカカトの下だけでなく膝下にも枕や座布団を利用して下半身全体を高くするように工夫すると良いです。

体重増加は脚に負担をかけている

最後にワンポイントアドバイスになりますが、体重が増えることによって直立状態の時の脚への負担が増加します。これは浮腫みやすい脚をつくるばかりか、膝にも負担をかけています。

もし下半身の浮腫み症状に悩む場合は食生活にも気をつけましょう。

体重増加を避けることも立派な脚痩せキレイ術に繋がります。

後は脚のキズも注意をしたいです。皮膚が傷ついている場合は傷口から細菌が入って赤く腫れたりする場合があります。浮腫み症状などとは違いますが、スカートや短いパンツも履けなくなってしまうので美脚を追求していくならキズにも注意をしておきましょう。

MENU

Copyright (C) 美脚女子マーサの脚痩せキレイ術 All Rights Reserved.