着圧ストッキングはハイソックスタイプでOK

着圧、弾性ストッキングと呼ばれるアイテムは圧力のあるストッキングになり覆われた部分に対して圧力をかけて血液、リンパ、水分など下半身に貯まった余計なものを上に押し上げるといった役割のあるアイテムです。種類も豊富にあります。

ストッキングタイプからソックスタイプまで形も様々。また圧力値も商品によって違いがあります。

ここである専門家が実験を行ったことがあります。
それは腰まであるストッキングとソックスタイプではどちらが効果が高いのか?といった実験です。

その結果、どちらも夕方まで浮腫み症状によって脚が太くならないことがわかりました。これは着圧ストッキングが浮腫み予防とした高い効果があることもわかりましたが、わざわざ窮屈な腰までのあるストッキングを履かずともソックスタイプでも十分に浮腫み予防に繋がる発見がありました。

着圧グッズには血液などを心臓に押し戻す筋ポンプ作用を強くする、むくみの原因である血管からの血液の染み出しを少なくするなどの効果があります。もし立ち仕事、座り仕事をしている方で浮腫み症状に悩んでいる方は仕事中に着圧グッズを利用して対策を考えると良いです。

具体的な着圧ストッキングの選び方

着圧グッズには本当に多くの圧力値、形が存在しています。もし浮腫み予防として使うのあれば膝下あたりまであるハイソックスタイプで十分です。もちろん、仕事上、ソックスがダメで腰まであるストッキングじゃないとダメな場合は一般的なストッキングタイプでも問題ありません。同じく浮腫み予防効果はあります。

覚えておいて欲しいことは、浮腫み予防としては着圧グッズは「ふくらはぎ」の圧迫が大切になることです。そして足首よりも先の部分まで覆われているアイテムを使うようにしましょう。

例えばレギンスのような足首までしかないものは圧力の関係で足首より下が浮腫んでしまう可能性が高くなります。これでは夕方になるとふくらはぎはホッソリしていてもパンプス、ヒールなどがキツくなり足が痛くなる可能性があります。

そしてストッキングの圧力値ですが、圧力値が高い方が上に押し上げる力は強いですが、長時間履いていると痛くなる可能性もあります。浮腫み症状の重度によって圧力値は変えてあげるのが理想的です。

例えば軽い浮腫み症状であれば13hpa程度の圧力値でも十分と言われています。逆に重度の浮腫み症状の場合は30hpa前後の圧力値のストッキングを選んであげると良いです。

履いていて苦痛ではない程度の圧迫力があるストッキング選びが重要といったことです。

MENU

Copyright (C) 美脚女子マーサの脚痩せキレイ術 All Rights Reserved.