リンパドレナージの具体的な方法

リンパドレナージ。美脚に興味のある方なら聞いたことがある言葉かもしれません。具体的な方法を今回は紹介していきたいと思います。キレイな脚を作りたい方は必見かもしれません。

まず脚のリンパの流れというのは脚の付け根からお腹の中に入り、背骨に沿って首の辺りで静脈に合流して心臓に戻ります。ですが、静脈への合流地点が詰まっていたりしたらそこへは流れていきません。

リンパドレナージというのはまずここから始めていきます。
渋滞している車のように先頭車両を動かして続いて後続車も動かしていくようなイメージです。

順番としては首の付け根からマッサージをします。続いて背骨に沿って流れているリンパ管を深呼吸をしながら刺激して活性化させていきます。そこまできたら脚の付け根を刺激して最後に脚の皮膚をズラすように優しく撫でてリンパ液を動かしていきます。

リンパドレナージをする、しないの違い

リンパドレナージマッサージをしないと脚のリンパはリンパ管を通って上に流れないのか?と言われると違います。実はリンパドレナージで行われることは一般的な日常生活の中で自然と行われていることが多いです。

私たちは生活の中で、首を動かしたり、深呼吸をしたり、脚も動かしています。つまり日常生活の中でリンパドレナージというのは行われているのです。適度に生活の中で体を動かしていればリンパドレナージを率先して行う必要もないです。自然にリンパを促しているから。

それでも普段からまったく体を動かさない。適度な運動ができていない人にとってはリンパドレナージは非常に効果的となります。

現代社会は昔と比べても技術が発達して体を動かす機会が少なくなりました。そのため一昔前なら注目を浴びていなかったリンパドレナージがもてはやされるようになったのです。

まぁ、ある意味、それだけ現代人の運動不足などが浮き彫りにもなった形と言って良いと思います。

同じく顔のリンパにも同じことが言えます。無表情が多いとリンパは働きません。つまり顔がパンパンになるといった浮腫み症状は顔の動きが少ない可能性もあります。

顔の浮腫み症状が気になる場合、簡単に解消する方法としては顔の表情に気をつけること。楽しかったら笑う。ブスッとした表情は避けて明るくいつもニコニコした表情を作るなどの簡単なことでいいので顔の筋肉を動かすことで浮腫み症状の解消に繋がっていきます。

MENU

Copyright (C) 美脚女子マーサの脚痩せキレイ術 All Rights Reserved.